So-net無料ブログ作成

✿RECIPE FOR JAPAN✿ヨーグルトで作るフォンテーヌブロー [手作りケーキ]

o0400010011280813430.jpg

私の憧れのパンの先生、高橋雅子先生が発起人のレシピフォージャパン台所から日本を元気に!というコンセプトのもとに沢山のパンの先生や料理家の方、人気ブロガーさんがつないでいるレシピリレーです。

なんと、こんなドイツの片田舎でひっそりとお菓子やパンを焼いている私のところに
バトンがまわってきました。きんちょ~汗

私にバトンを回してくださったのは、「笑顔を食べよう!プロジェクト実行委員会」や
「NPO法人 食べごと研究所」を主宰されている、山田奈美さん
冷蔵庫にある残り野菜で、さっぱり和えを早速作ってみようと思います♪

さて、私は・・お料理やパンは出る幕がないので、簡単に作れるスイーツを。

甘いものって、パンやごはんと違って、日々なくてもなんとかなるものだけど、
食べると、疲れがふっとんだり、なんだか気分がHappyになったり、
すごく秘めた力をもっていると思うのです。

疲れたなーと思ったら、甘いものを食べて元気チャージしませんか?

紹介させていただくレシピは、火や電気は最小限、必要なのは時間だけ!
という簡単スイーツ『ヨーグルトで作るフォンテーヌブロー』です。
RIMG0350 (480x640).jpg

フォンテーヌブローは、本来はフロマージュ・ブランと生クリームで作るフレッシュチーズデザート。
今回は日本で簡単に手に入るヨーグルトで作れるレシピにしました。

ふわふわっとして濃厚な味わいは、手間をかけて作るケーキを上回るかも?!と思うくらい、
私は気に入っています✿

フォンテーヌブローにお好みのフルーツやコンフィチュールを添えれば、簡単デザートの出来上がりです。
ちなみにフランスでは粉糖をたっぷりかけて食べるのが正統派だそうですよ。


さて、レシピです。
【ヨーグルトで作るフォンテーヌブロー】

✿材料  4~5人分 
     プレーンヨーグルト   300g (ビヒダス等 酸味の少ないものがおすすめ )
     生クリーム        200ml
     砂糖            大さじ3

✿作り方
①ボールに生クリームと砂糖を入れ、8分立てに泡立て、そこにヨーグルトを加えてまぜる。
RIMG0297 (640x480).jpg

②ボールの上に、ザルをのせ、キッチンペーパーを3枚しいた上に①を入れて、
 ラップをかけて冷蔵庫で一晩水切りをする。(6時間位で水切りできます)
RIMG0304 (640x480).jpg

③出来上がり。
RIMG0332 (640x480).jpg


とっても簡単ですよ。

フォンテーヌブローのアレンジを3つほど・・。

マンゴーと生姜のシュトロイゼル添え
RIMG0344 (480x640).jpg

✿材料
<生姜のシュトロイゼル>
・グラニュー糖 25g、薄力粉 25g、アーモンドパウダー 25g、無塩バター 25g(1cm角に切り、冷やしておく)、塩 ひとつまみ、生姜すりおろし 少々

・マンゴー 適宜
・ライムの皮すりおろし   あれば

✿作り方
①砂糖、薄力粉、アーモンドパウダー、塩、生姜のすりおろしをボールに入れ、ざっとまぜる。
②バターを加え、指の先でバターの塊をつぶすようにして、粉類となじませ、ぽろぽろとした
 粉チーズのような状態になったら、冷蔵庫で1時間以上冷やす。
③オーブンシートに広げ、180℃で12分ほど焼く。(焼き色がつく位)
④フォンテーヌブローの上に、カットしたマンゴーとシュトロイゼルを添え、ライムの皮をかける。

◆シュトロイゼルの配合は同割(砂糖:薄力粉:アーモンドパウダー:バターが1:1:1:1)なので、覚えておくと簡単で便利ですよ♪ 冷凍もできます。その場合、解凍せずにそのまま焼きます。

ルビーグレープフルーツのコンフィチュール添え
RIMG0419 (480x640).jpg

✿材料
 <ルビーグレープフルーツのコンフィチュール>
・ルビーグレープフルーツ 1個、砂糖 果肉の重量の30%

・飾り用ルビーグレープフルーツ   適宜

✿作り方
①皮をむいたルビーグレープフルーツと砂糖を鍋に入れ、弱火でとろみがつくまで煮る。
②フォンテーヌブローの上に冷ました①とカットしたグレープフルーツを添える。

アメリカンチェリーのコンポート添え~黒い森のデザート風~
RIMG1743 (480x640).jpg


✿材料
<アメリカンチェリーのコンポート>
・アメリカンチェリー 200g、砂糖 60g、レモン汁 小さじ2、水 100ml、キルシュ 小さじ2

・オレオクッキー 適宜
✿作り方
①アメリカンチェリーの種をとったものと、砂糖、レモンを鍋に入れ、しばらく置く。
②水を加えて強火にかけ、沸騰したら弱火で5分ほど煮る。あくをとる。
③最後にキルシュを加えて、そのまま冷ます。冷めたら冷蔵庫で保管する。
④フォンテーヌブローにチェリーのコンポートと砕いたオレオクッキーを添える。
◆オレオクッキーはココアのシュトロイゼルでもよいです。

フォンテーヌブローを仕込む時に、トッピングも一緒に準備しておけば、翌日に盛り付けるだけで簡単ですよ^^

バトンはいつも魅力的な提案をしてくださる高橋雅子先生にいったん戻します~。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 2

snoopyqp

どれもおいしそ~~~!
しかも、火を使わないから、エコだし、暑い毎日にちょうどいいですね。
ヨーグルトと生クリームを買ってきます♪

あ、おとといから私も酵母を育てています。

りんご酵母を作り始めました。
今日で三日目。
プクプクアワアワになってきました。
レシピ上では三日で完成なのですが、
どんなもんだろう・・・と
朝から見つめております。

これで早くパンを焼いてみたいです♪
by snoopyqp (2011-07-01 10:33) 

アメリ

>snoopyqpさん
日本はなんだかとっても暑いみたいですねー。
そこまで、暑いとアイスクリームの誘惑の方が断然強いかもですね 笑

お!りんご酵母ちゃん、ぷくぷくあわあわ。いい感じですね~。
おいしい酵母パンが焼けますよに♪

楽しみです~。
by アメリ (2011-07-02 23:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。