So-net無料ブログ作成
世界のお菓子✿フランス ブログトップ
前の10件 | -

ストラスブールのおいしい旅♪弾丸ツアー編 [世界のお菓子✿フランス]

IMG_0720.JPG

「ストラスブールの弾丸ツアーの旅記事、まだアップされてないよね~。」という、
ありがたいお友達のリクエストにこたえて、ふるーい旅ネタを。

そう、あれは9月のこと。もう日本に帰国することが決まっていたので、
とりあえず、帰国間際の買い出し!!ということで、ちょくちょく足を運んでいたストラスブール。
やっぱり、お買いものはドイツよりフランスよね~ということでね。

この時の旅の目的の一つは、ずっと泊まってみたかったこちらのホテル。
リージェント プチ フランス (Regent Petite France)
築300年の建物の中にあって(中はちゃんと近代的だけどね)趣きのある界隈にたたずむ宿。
プティット・フランスという昔の建物が残る、旧市街にあるホテルなので、一歩外をでると
かわいいお家がたくさん並んでいるのです。
IMG_0722.JPG

ホテルの中から、水車が見えたりして、おもしろい♪
IMG_0745.JPG

弾丸ツアーなので、夜遅くにストラスに入って夕ご飯。
いわゆる、観光客向けのレストランだったので、本当にベタなアルザス料理を。
フラム・クーヘン(薄焼きピサ)
ベックオフ(豚肉やらお野菜が入った鍋料理)
フォアグラ
アルザスワイン
とかね・・。(フラムクーヘンは、ドイツで食べたほうが美味しかった(>_<))
120909ストラス.jpg

朝は起きたら、お散歩!
IMG_0717.JPG

いい感じの写真がとれそう!と息子を無理やり立たせてみたりして・・(なのにピントがいまいち(^_^;))
IMG_0714.JPG

朝ごはんは、何故か写真がないのだけど「Christian」で。
ここの2階のサロンのブレックファストはとってもおススメ。
アルザススタイルの朝食を頼むと、ショコラショーとミニクグロフとトースト&ジャム、
目玉焼き、オレンジジュースと盛りだくさんで、とっても優雅な朝ごはんが食べられます。
ちなみに、私は朝から、この朝食プラスモンブランいっちゃいましたー(笑)
(以前の記事は下にリンクしてあるので、よかったら見てね)

店名 Christian クリスチャン
HP http://www.christian.fr/
住所 67000 STRASBOURG 10, rue Merciere(大聖堂前の店舗)
67000 STRASBOURG 12, rue de l'Outre

お土産にかった、ブラックベリーのタルトがこれまた旨い。
IMG_0758.JPG

アルザスといえば・・のクグロフもお土産に買いましたよ♪
バターたっぷりなので、多少日持ちもするので、お家で温めなおして食べたり、冷凍したりして
ちびちびいただきました。
クグロフは、ここかテュエリーミュロップのが美味しかったな。
IMG_0761.JPG

ちなみに、テュエリーミュロップでもケーキを買ったのだけど、箱ごと落とすという惨事に見舞われ、
写真におさめることが出来ずでした(*_*)

そして、お初のパティスリーで、いいとこ見つけた!!と思ったところがこちら→★パティスリー・ジャン・クロード・ジーグレー
中心街からはちょっと離れてるんですが・・
店内もモダンな雰囲気で、並んでいるケーキも個性的で洗練されてました。
どれがおすすめ??と店員さんに聞いたら、ミルフィーユというので、買ってみたら、これが大正解。
もう、あまりに時間がたちすぎて、味の詳しいレポできるほど、記憶がないのだけど、
どのケーキも美味しかったなーー。また行きたいな~~。と思ったことははっきり覚えてます(笑)
IMG_0874.JPG


店名:Pâtisserie Jean-Claude Ziegler -
住所: 23, avenue de la Forêt Noire - 67000 Strasbourg
Tél : 03 88 61 45 95

と、なんだか、こんなんでいいのかしらん。という旅レポ。
ミュンヘンよりも圧倒的に足を運んだ回数の多い、ストラスブール。
とっても素敵な街で、思い出いっぱい。

あぁ、いつかまた訪れられる日を夢見て。
Mさん楽しんできてね!!


アルザスの過去記事
アルザスのお菓子・パン屋めぐり✿Christian①→★
アルザスのお菓子・パン屋めぐり✿Christian②&Amorino→★
アルザスのお菓子・パン屋めぐり✿THIERRY MULHAUPT→★
アルザスのお菓子・パン屋めぐり✿NAEGEL&Weiss→★
メゾン・フェルベール再び♪→★
ストラスブールのおいしい旅♪スイーツ編→★
ストラスブールのおいしい旅♪→★


ランキングに参加してます♪
なかなかいいな~と思っていただけたら、

応援クリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)

↓↓ここをぽちっ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↓↓ここをぽちっ↓↓
ラッピング資材と製菓材料のお店cotta
↓↓ここをぽちっ↓↓


どうもありがとーー♪

パリのマカロン食べ比べ! [世界のお菓子✿フランス]

IMG_0949.JPG


ちょっとマカロンスパイラルにはまりかけていたので・・・
帰国前の弾丸ツアーでいったパリで、マカロンを買いこみ、Plumさん家で「マカロン食べ比べ会」を開催!

トップバッターは。
やっぱり、マカロンといえば、ラデュレ!?相変わらず行列してました~。
IMG_0957.JPG


我が買うといいはってお買い物をおえた人。

今はどうやら、ギモーブをはさんだマカロンが目玉アイテムのよう。
IMG_0975.JPG


食べてみたけど、ちょっとマカロンコックとギモーブの口どけに一体感がない。。。
断然バタークリームのマカロンの方が好み~。というのが2人の感想。

あと、バブルガム味なんてものもあったけど、うーーん。ジャンキー~、ラデュレどうした~(笑)
でもシンプルなバニラを食べた時は、目から鱗。老舗のマカロン。うまいわ^m^

食感でいうと、外側がかりっ。さくっ、はらっっとしていて、バタークリームと一緒に口の中でくずれていく感じ。かな。

そしてお次は、ピエールエルメ。これはパリではなく、ストラスブールで調達。
ダンナさんに調達をお願いしたら、大人買いで、全種類。(私はそんな勇気ないわぁ。。。)

エルメさんのマカロン、もちろん食感も素晴らしくよいのだけど、もっと驚くのは素材と素材のマッチング。
ちょっと意外な組み合わせ(人参とオレンジとかね)でも、まったく違和感なく、
本当に素直に「これは美味しい」といえるものばかり。
IMG_0877.JPG

1個、Plumさんと、この味すごく美味しいけど、なんの味~???
絶対どこかで食べたことある味なんだけど。。
と首をひねらせていたフレーバーがあったんだけど、正解は「ピーチとアプリコットとサフラン」のEdenでした。
さすが!

ピーチとアプリコットが組み合わさると、軽快な甘酸っぱさが際立って、優しさ、暖かさ、セクシーなすべすべ感の微妙なバリエーションが生まれ、一度味わったら、すぐにその虜になってしまいます。そして、サフランが巧みにそこに加わることにより、果実そのものに驚くほどマッチした風味が広がります。

だそうです。天才だ。

そして、お次は「パティスリー サダハル・アオキ」のマカロン。
乾燥なしのマカロンレシピ、とっても魅力的なので、何度かチャレンジしてたのだけど、
どうしてもマカロンコックの表面が薄くなるよね。。とPlumさんと話していたので、
本物のコックがどんな感じなのか、確かめてみたくて。

うんうん、やっぱりほかのお店と比べると、マカロンコックの表面が薄い。
アオキシェフのマカロンは、コックをかんだ時に、さくっというより、しゃくっっとしたちょっとはかない感じで
崩れます。
この辺は好みなんでしょうけどねー。私はさくっっと派かな。
でも抹茶のクリームがとっても濃くて、抹茶好きにはたまらん~^m^
焙じ茶味も美味しかった。

IMG_0971.JPG


後は、日本が誇る「TORAYA」の和マカロン。結構、フランス人のお客さんがお茶してて、かっちょよかった。
IMG_0951.JPG


こちらのマカロンは、マカロンコックがしっかり焼かれていて、かため。
抹茶は青木シェフのものと比べると抹茶味は控えめだけど、それはそれでよかったな^^
きなことごまのフレーバーがツボでした♪
IMG_0977.JPG


後は、HUGO&VICTORの物も食べたけど、写真が行方不明(^_^;)

というわけで、とにかく、マカロンのイメージトレーニングはばっちり!
どこも美味しかったけど、NO1はエルメかな。
後は焼いて、焼いて、焼きまくるしかないのよねーー。



マカロン会、いいなと思っていただけたら・・

応援クリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)

ラッピング資材と製菓材料のお店cotta


こちらのブログランキングにも参加してます。
1日1回クリックいただけると、とってもうれしいです**

↓↓ここをクリック↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↓↓ここをクリック↓↓



エクレアタワー✿ [世界のお菓子✿フランス]

IMG_0948.JPG

フォションのカラフルなエクレアの仕掛け人、クリストフ ・アダム氏は今はパリの12区にご自身のお店をオープンされたそうです。→★

って、私、それにさっき気がついて凹みちゅう。。
実は先週、パリに弾丸ツアーしてきたのに、チェックし忘れましたー。あぁおバカ。

とりあえずフォションのショーウィンドウは押さえてきたんですけどね。
マカロンタワー。

IMG_0949.JPG


ならぬエクレアタワ〜。

IMG_0950.JPG


マカロンがかわいいのって、カラフルな色展開が可能だからだと思うのだけど、
今じゃエクレアも自在に七変化しちゃいますね。

ちなみに、クリストフ・アダム氏、このイベントで→★来日されるみたい。

エクレア本の写真は爽やかシェフな感じなんですが・・・
でも、今は髭をはやしていてダンディ〜〜。

よかったら、見てみてね~(^_-)-☆

【送料無料】エクレア進化形! L

【送料無料】エクレア進化形! L
価格:1,260円(税込、送料別)




**Cottaさんのプレミアムメンバーになりました**
ランキング参加中。
応援クリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)

ラッピング資材と製菓材料のお店cotta


こちらのブログランキングにも参加してます。
1日1回クリックいただけると、とってもうれしいです**

↓↓ここをクリック↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村




究極のエクレア本発売!! [世界のお菓子✿フランス]

IMG_0918.JPG

私の旅の楽しみのひとつといえば、お菓子の本を買う事♪
特に、フランスのお菓子の本は超かわいいものばかり!
↑はどれもジャケ買いしたものです~。

で、一番最初の衝動買いしたのがこれ!
フランス「フォション」のエクレアといえば、カラフルで斬新なデザインで有名ですよね✿
その仕掛け役のクリストフ・アダム氏のレシピが満載の、究極のエクレア本。
IMG_0917.JPG


もう、見ているだけでうっとりなエクレアのオンパレード♪
美しすぎるフォンダン~~!

どうやってつくるのー!!!???とずーっと思っていたのですが、
この本を買って、初めて謎がとけました♪
IMG_0922.JPG


食べるのもったいなーいよ~。なかわいいエクレアとか。
IMG_0923-001.JPG


ホットドック??な見た目のエクレアは、実はフランボワーズキャラメル味という、
ちょっとおちゃめなレシピがあったり。
IMG_0926.JPG


甘いエクレアだけじゃなく、エクレア・サレ(塩味)のレシピも沢山。
パーティーとかにだしたら、素敵かも^^
IMG_0925-001.JPG


フランス語のレシピだけど、いつかはがんばって読んで作ろう~なんて思っていたら、
なんと偶然にも、知り合いの編集者の方がこの翻訳本をだすという事が判明!
で、私もほーんのちょっとだけお手伝いさせてもらいました。

その本「エクレア進化形!」が、ついに10月15日発売となります♪
詳しくはこちら→★

【送料無料】エクレア進化形! L

【送料無料】エクレア進化形! L
価格:1,260円(税込、送料別)



かっちょいいエクレアを作りたい方、必見♪
ぜひ、見てみてね~♪

**Cottaさんのプレミアムメンバーになりました**
ランキング参加中。
応援クリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)

ラッピング資材と製菓材料のお店cotta


こちらのブログランキングにも参加してます。
1日1回クリックいただけると、とってもうれしいです**

↓↓ここをクリック↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


メゾン・フェルベール再び♪ [世界のお菓子✿フランス]

IMG_7851.JPG

今回のメゾン・フェルベール訪問は、Mちゃんが一緒だったので、なんと厨房までのぞかせてもらい、
さらにはクリスティーヌ・フェルベールさんにご挨拶^^

私がテンションあがっていたら、ぼそっとマツ○デラックスみたいだったなぁ・・とつぶやくメンズ一名。ジャムの妖精ですからっ(^_^;)
IMG_7862.JPG

厨房は思ったよりもずっとコンパクトで、コンフィチュールを仕込む時はたった4人で作業するらしい。
日本やフランス全土に届くコンフィチュールが、一つ一つ手作業でされていると思うと、なんだか
よりありがたみがますな~✿(残念ながら写真はなし・・)

ちなみに瓶詰は必ず、フェルベールさんがする仕事だそう。
IMG_7854.JPG

今回は、Mちゃんに色々おススメを聞いて、コンフィチュールを選びました♪
「Rhubarbe d'Alsace」アルザス産ルバーブ
「Cerises noires d'Alsace et violette」アルザス産黒さくらんぼとすみれ
「Fraises de Carpentras」苺
「Gelee de groseilles d'Alsace」アルザス産グロゼイユ
「Franboises d'Alsace」アルザス産フランボワーズ
「Abricots bergeron et des de mangues」杏とマンゴー

やっぱり定番フレーバーは外さないんだろうな。

IMG_7859.JPG


まだ空けてない物も沢山あるけど、「黒さくらんぼとすみれ」は絶品でした!フェルベールさん天才!
これは、後日リピート買いしちゃいました。
あとは「Mirabelles d'Alsace」もお気に入り。

ぜひ、フェルベールさんのお店にいったら、探してみてね。

フェルベールさんのジャムが美味しいわけを興味津々でMちゃんに聞いてみたら、
「やっぱり、世界中から選りすぐりの最高の素材が届くのも一つの理由だよね」
といっていた、なるほどねー。やっぱり、素材が大事なわけです。

そんな、フェルベールさんから、お土産でこんな素敵なお土産を頂いてしまった。
見るからにお高級そうなマンゴー。
そして、その日テレビの取材でフェルベールさん自らが仕込んだ、
出来立てほやほやのラズベリーのコンフィチュール!
IMG_7934.JPG

いやぁマンゴー、味が本当に濃かった~~。
ほとんどKoyuに奪われちゃったけど。
(きっとこの先の人生でも、そうそうこんな美味しいマンゴーは口にできないんだぞ~)

そして、もちろんケーキもお買い上げ♪
フランボワーズのタルト。
パート・シュクレにプラリネが練りこんであって香ばしいのが、ここのタルトのポイントです✿
IMG_7925.JPG

こちらも♪あんまりに前すぎて、味の記憶がうすー(笑)
IMG_7904.JPG


そして、メゾンフェルベールに向かって左隣のワインカーヴで、アルザスのワインをテイスティング&お買い上げ。
こちらもよかったです。
IMG_7900.JPG

IMG_7882.JPG

IMG_7880.JPG


さらに、こちらはクリスティーヌさんに教えていただいた、フルーツの直売所。まさに道の駅って感じです。
ここはフルーツ狩りも出来るみたい。ラズベリー畑とか行きたかったな~。
「La Pommeraie」 →★
IMG_7905.JPG

この時期は、杏とか・・
IMG_7908.JPG

さくらんぼとか・・
IMG_7907.JPG

そりゃ買うわ~~。
IMG_7912.JPG


アルザス産ってだけで、美味しさ2割増しな感じがする(笑)

ニーデルモルシュヴィル村はとっても小さいけど、まるでおもちゃみたいにかわいい家が沢山並んでいて大好きです。
IMG_7867.JPG


**Cottaさんのプレミアムメンバーになりました**
ランキング参加中。
応援クリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)

ラッピング資材と製菓材料のお店cotta


こちらのブログランキングにも参加してます。
1日1回クリックいただけると、とってもうれしいです**

↓↓ここをクリック↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


ストラスブールのおいしい旅♪スイーツ編 [世界のお菓子✿フランス]

IMG_7768.JPG

美味しいパンで腹ごしらえした後は、もちろん甘いもの!
ということで、むかったのは「Nagel」→★
ここはいつ行っても混んでる人気店。

ケーキも種類が豊富だし、サンドイッチやパンもあって、迷っちゃう~。
今回は3個のケーキをオーダーして、シェアしました。
120616ストラス.JPG

マカロンはプラリネのクリームがサンドしてあって、一番美味しかったかな。
最近、フランスではチーズケーキが流行っているらしく、ここにもしっかりありました。
(アメリカンなウーピーパイのレシピ本もたくさん売ってたし、アメリカンスイーツばやり??)

Nagelで働いている、日本人のパティシーエルさんにおすすめを聞いたら、ボベスというお菓子が
美味しいよ~と✿でもこの時は売り切れ(>_<)
私は前回いった時に食べたことがあって、素朴で味わい深くて好きでした^^

そして、壁に紅茶缶がびっしり詰まれている、紅茶屋さん「Le The des Muses」→★ にも足をのばして・・

120616ストラス1.jpg


「les JARDINS de MAHAL」という、パイナップル、ライチ、苺、桃、ローズ、ラベンダーのフレーバーティ。
(って聞くだけで美味しそうでしょ^m^)
「MONTAGNE BLEUE」 という、ルバーブ、はちみつ、野苺、あとブルーのお花かな?の紅茶。
2つをゲット。

その後、別行動していたメンズ2人と合流して、ストラスブール散策。
IMG_7782.JPG


あら、気持ちよさそうなオジサマたち。
IMG_7786.JPG


なぜかまた妙にテンションが上がり、川沿いを走りまくって真っ赤になる息子。
IMG_7799.JPG


喉がかわいたので、ふたついっちゃいまーす。ぐふふっ。
120616ストラス2.jpg


夕ご飯は、お初のチュニジア料理でした!!

Mちゃんいわく、クスクス(極細)、タジンは、ここが一番。とのこと。
量が多いので2人だったら、前菜+クスクスかタジンでも十分おなかいっぱいになります。
最後にミントティ(thé à la menthe)もおすすめらしい。

*Salambo Amilkar(サランボ)
2 Rue Croix

肝心のクスクスは写してなかったけど~~。うまかった^^
120616ストラス3.jpg


うーん、やっぱり旅は、通の人に案内してもらうに限るね(^_-)-☆

次回は、メゾンフェルベールさんのところへ♪

**Cottaさんのプレミアムメンバーになりました**
ランキング参加中。
応援クリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)

ラッピング資材と製菓材料のお店cotta


こちらのブログランキングにも参加してます。
1日1回クリックいただけると、とってもうれしいです**

↓↓ここをクリック↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


ストラスブールのおいしい旅♪ [世界のお菓子✿フランス]

IMG_7734.JPG

これも初夏の話・・
元パティシエールで、今はコンフィチュール屋さんをしているお友達が、ストラスブールにジャムの仕込み
にくるというので、会いに行ってきました。

コンフィチュール屋さんはこちら→「Le fruit de l'aurore」
パイナップルとパッションフルーツのコンフィチュール美味しいです^m^

で、まず待ち合わせしてから、いったのはマルシェ。ドイツも青空市場は日常の風景だけど、
やっぱり、フランスにはフランスらしい食材もあったりするので、いいのよねー^^

この時期はベリー系が山盛りでした。ラズベリーは本当にデリケートなフルーツなので、
よーく、よーく色々なお店で観察してから、一番状態がよさそうなお店で買うのがポイントです。
IMG_7735.JPG


そして、こちらがMちゃんが仕込んだコンフィチュールです。大人買いしちゃった~(笑)
実はMちゃん、クリスティーヌ・フェルベールさんのところで修行していたので、ジャム作りの腕はお墨付き。

今回のフランス限定商品は3種類のさくらんぼ。
ということで、白さくらんぼ、黒さくらんぼ、グリオットの3種。
そのほかにも、試作品のルバーブと杏のジャムとか。
まだ空けてないものもあるけど、ルバーブと杏の組合せ、美味しかった~。
IMG_7740.JPG


素材の合わせ方とか、勉強になります^m^

Mちゃんの作るコンフィチュールは、ちょっと甘さ控えめがポイントだそう。
毎日食べても飽きない甘さで、私もとっても気に入りました。

Mちゃんに根ほり葉ほり、コンフィチュール作りのコツなどを聞いたり、昔話に花をさかせながら、
これ、おいしいのーと。ついでにいただいたのが、フロマージュ・フレのはちみつがけ。
IMG_7744.JPG


この「Sapin」(モミの木)のはちみつが超ヒット!!
栗の木のはちみつとかは食べたことがあって、ちょっとくせつよいな~。と苦手意識があったのだけど、
モミの木のはちみつは、くせもつよすぎなくて、お花のフローラルな感じとはまた違う、
なんとなくウッディーな奥ゆきのある香り。

ずっと、探してやっとこのあいだ、ドイツで見つけました。やっぱ、おいしー♪

**Cottaさんのプレミアムメンバーになりました**
ランキング参加中。
応援クリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)

ラッピング資材と製菓材料のお店cotta


こちらのブログランキングにも参加してます。
1日1回クリックいただけると、とってもうれしいです**

↓↓ここをクリック↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


子供と楽しむ✿パリ食べ歩き旅✿その④ [世界のお菓子✿フランス]

IMG_7337.JPG

さてさて、パリ滞在3日目は日曜日。
お店もそれほどやっていないので、今日は子供デー!

「ディズニーランドいこっか?」と息子にきいたら、「前にいったからいいの。」とあっさり却下~。
というわけで、地下鉄で数駅の超近場「動物園」に行先変更。

エッフェル塔も見ず、パリで動物園なんて、子供がいなかったら絶対行く事のない場所かも~(笑)
ごらんのとおり、かめとか鳥とか、こじんまりな動物園でしたけど。
子供とのんびり見るには、ちょうどいいサイズかな。やたら爬虫類をいっぱい見た。。
120616パリ3.jpg


午前中で見終わって、さくっと帰るぞ~。と地下鉄の駅までついたら息子が完全に寝ている。。 汗
子供がいなかった時はまったく気にならなかったのですが、パリの地下鉄って、
ものすごーく子連れに優しくないのです、、、。

ほとんど、エレベーターもエスカレーターもないし、改札口は狭すぎてバギーが通らないし。
いきは、えっほ、えっほと自分で登ってもらったのだけど、この熟睡状態をたたき起こすのも可哀そうだしなぁと。
IMG_7307.JPG


で、かなり悩んだ末、地図とにらめっこして、次の目的地だったパティスリーまで4kmひたすら歩くことに決定!
IMG_7443.JPG

途中、バスティーユの朝市(日曜日のパリ観光はココおすすめかも♪)で、クレープを食べたりしつつ
さらにずんずんと。
IMG_7343.JPG


そしてやっとたどりついたのは、「Jacques Genin ジャック・ジュナン」でした。
IMG_7363.JPG

koyuが寝ている隙に、ゆっくりお茶しちゃおうかなぁ~^m^
IMG_7347.JPG

なんて思ったら、すごい嗅覚。ついた瞬間お目覚め。
というわけで、ちびと2人でお茶タイム。

頂いたのはミルフィーユとフランボワーズのタルト♪

ミルフィーユは、フィユタージュがしっかり焼きこまれていて、出来立てなので、さっくり、ざっくり。
クレーム・パティシエールはふんわりバニラの香りで甘さ控えめでした^^
IMG_7350.JPG

フランボワーズのタルト、シュクレ生地もがりっとしていて好みだったのだけど、
とにかくフランボワーズがフレッシュで甘くて美味!!とろける~
IMG_7353.JPG


飲み物は、ケーキにあわせるのはどうかな。と思いつつも、ショコラ・ショーいっちゃいました。
どろーり、どろーり、カカオのアロマたっぷり。美味しいです。
濃度が濃くて、冷めるとさらにどろっとしてきます。
でもケーキにはちょっと濃すぎだな(笑)
IMG_7355.JPG


おまけで頂いたボンボンショコラはミントとカフェ味。
IMG_7349.JPG

「ミントとコーヒーだから、大人の味だね~残念だね~」と息子にいいつつ、私が食べる気で満々でいたら、
気がついたら4個全部なくなってた~~!いつの間に!!(*_*)
ワタシが写真を撮っていた隙に、食べたに違いない。それにしても早すぎるっ。

でもあとで食べてみて、納得!!とにかく目からうろこが落ちるくらい美味しかった。
口どけがとっても、とってもよくて、ミントもカフェも突出しすぎずナチュラルな本物の香り。
3歳児にはもったいない(笑)
おまけにショコラのケースが素敵すぎるのです。
IMG_7452.JPG


そして、パート・ド・フリュイも、超ジューシー!!!こんなの食べたことないぞ。くら~っ。
IMG_7445.JPG

美味しいと評判の生キャラメルも。
口の中でとろける食感が、ほかの物とは違いました。舌にのせると、ねっとりと、やわらかく溶けていく。
そして噂のマンゴーのキャラメルは超濃いです[黒ハート]
IMG_7456.JPG


あー、ひたすら歩いたかいがありました^m^満足、満足。

★ジャック・ジュナン(Jacques Genin)
133 rue de Turenne 75003 Paris
11:00~20:00
定休日:月曜日
メトロ:Filles du Calvaire (8番線)


そして、おやつが終わったら、またひと遊び。ということで、リュクサンブール公園へ。
IMG_7374.JPG

ここもパリではお初の場所。
日曜日ともあって、人、人、人。老若男女みんな椅子に座って、まったり~。
私はきっと耐えられない(笑)

子供たちは、大きな砂場に大集合。
IMG_7387.JPG


パリでまさかの砂まみれ。
IMG_7383.JPG


とりあえず、子供サービスはできたかな^m^


2つのブログランキングに参加してます。
1日1回クリックいただけると、とってもうれしいです**

ジャック・ジュナンおいしそ~♪と思っていただけたら・・

↓↓こちらをクリック↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


子供と楽しむ✿パリ食べ歩き旅✿その③ [世界のお菓子✿フランス]

IMG_7228.JPG

さて、エルメのクロワッサンで腹ごしらえの後は・・母的には、即次!と行きたいところだけど、
「おもちゃやにいくぅ~!!」の連呼にこたえて、BonMarcheのおもちゃやでしばし休憩。
(この旅のテーマは「子供と楽しむ」ですからね♪)
そして、パリのパン屋といえば・・の「Poilane(ポワラーヌ)」へ。

ちょっと酸味のあるカンパーニュはやっぱりここの味~!
でも、この後、ポワラーヌを上回る超美味パンに出会ったしまったのだけど。うふっ。(そちらは後ほど)
IMG_7265.JPG

ポワラーヌの、りんごのパンも美味しくて、いつも買ってしまう。
IMG_7268.JPG

私の場合、ポワラーヌはパンよりこのクッキー「Punitions ピュニション」が大本命♪
IMG_7229.JPG

カリッと小気味よく割れる食感とか、バターや小麦の豊かな香りとか・・・うーんたまらない!
超シンプルクッキーで、ここまで「うまい!」と思わせるのはやっぱり素材の力なのかも。
たくさん買い込みすぎたので、とりあえず残りはわが家の冷凍庫に眠っております。
焼く前のクッキー生地を冷凍・・っていうのはよくあるけど、焼いたクッキーを冷凍ってありなの?と思いつつも(笑)

そういえば、このクッキーが好きすぎて、家で再現できたら最高なんだけどな・・・と色々試作し続けていた時もあったっけ。古い写真からみつけました。
PB070333.JPG

色々レシピを試してみて、どれも美味しいクッキーになるのだけど、やっぱり「ちょっとどこかが違う」のですわ~。
というわけで、未完のピュニションなのでした。

ちなみに、Poilaneさんからの直伝レシピがのっているページを見つけたので、ご参考まで→★
もちろん、私も試したけど、やっぱり何かが違う~(笑)やっぱり、材料?焼き窯のなせる業?

と、だいぶ脱線しましたが・・気をとり直して。
ポワラーヌの流れで、ジャン・シャルル・ロシュー→★へ。
IMG_7239.JPG

ここのお目当ては、土曜日限定のフレッシュフルーツ入りのチョコレート。
シェフが朝市場で調達してきた新鮮な果物がチョコレートの中にゴロゴロ。
今回は、チェリーでした✿ジューシー♪♪
どう見ても、賞味期限は当日?なフレッシュ感でしたよ。
IMG_7276.JPG

フレッシュフルーツ×チョコって、斬新!って思ったけど、良く考えたら、チョコバナナってそれよね(笑)
もちろん、こちらのはもっと大人っぽくてリッチな味ですけどね♪

そして、午後はメインイベント、「わいんのある12ヵ月」チームと合流。
製菓問屋街に行くというので、一緒に♪
なんだか、わさわさ、わいわい楽しくて、雅子先生や友達と写真を撮るのなんてすっかり忘れた~(>_<)
あっという間の午後でした。

残っていたのは・・・パリで一番古いパティスリー「STOHRER( ストーレー)」→★でチョコレートアイスを食べ、ひげおじさん状態になったkoyuの写真とか・・
IMG_7288.JPG

見る限り、コーンの選択肢しかなかったので、コーンをチョイスしたがために。。。
人の視線を感じるなぁと思ったら、どおりでね。

この時、八百屋でみかけた、生のアーモンドの写真とか・・
フレッシュなアーモンドってお初!
どうやって食べるの??って聞いたら、がりっと歯でわって、中身をたべさせてくれました。
なんていうか・・うん、生な感じ(笑)ブランマンジェとかつくったりすると、美味しいのかな。
IMG_7294.JPG


そして、この日の最後は、「ここだけは行く!」と狙いを定めてホテルも選んだ、お目当ての
「Un Dimanche à Paris(アン ディモンシュ ア パリ」へ。→★ こちらも参考に→★チョコレートで有名な「ミッシェル・クリュイゼル(Michel CLUIZEL)」の長男、ピエール・クリュイゼル(Pierre CLUIZEL)さんのお店です。
IMG_7224.JPG

サンジェルマン・デ・プレ界隈で最も古いらしい石畳のパッサージュにあって、雰囲気も◎。
が、バギーには苦難のガタガタ道!!(^_^;)
IMG_7219.JPG

店内もモダンな感じ♪
IMG_7258.JPG

頂いたケーキはどれも超好みで、うなってしまいました^^
スペシャリテの「LE CROUSTILLANT AU GRUE DE CACAO」。
チョコレートの口どけとかバランスがとっても良くて、くどすぎない。とってもいい余韻を残してくれるチョコレートのプチガトー。
「LE CHEESECAKE PASSION CITRON VERT」
こちらはガレット・ブルトンの上にパッションのクリームとチーズケーキがのっていて、ほどよい酸味とガレットのざっくり感の組合せがよくあってました♪
そういえば、最近フランスではチーズケーキが流行っているらしい✿
IMG_7271.JPG

「TARTELETTE FRAMBOISE&ESTRAGON」
タルトレットという名前がついているけど、形はこんな♪
サブレでサンドされているので、食べにくそうかなと思ったら、そこも計算済み?サブレがさっくさくで薄いので、ちゃんと縦にフォークで切れる。さすがだな。
間にはさんであるホワイトチョコレートとエストラゴンのガナッシュも、ホワイトチョコの甘ったるさはなくて
ミルキーで美味しい。フランボワーズがいいアクセントになってました。
IMG_7273.JPG

まだまだ、ほかにも食べてみたいケーキがあったなぁ・・・。

というわけで、2日目終了~~♪
栄養偏り気味をただすべく、ギャルリーラファイエットの食品館で夕ご飯を調達。
ホテルごはんとなりました。
(18時までは、ギャルリーラファイエットの最上階?のフードコートが空いてるので、子連れ旅にはお勧めです✿)

2つのブログランキングに参加してます。
1日1回クリックいただけると、とってもうれしいです**

結構上位に~^m^ みなさんどうもありがとう(*^_^*)

↓↓こちらをクリック↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


子供と楽しむ✿パリ食べ歩き旅✿その② [世界のお菓子✿フランス]

IMG_7226.JPG

さてさてパリ2日目。
当然ながら、ホテルの朝食はパスして、むかった先はピエール・エルメ。
何も、せっかくパリまできて、エルメにいかなくても~。なのですが、
目指すはマカロンでもケーキでもなく「ヴィエノワズリー」!

「フィガロ紙が 選ぶパリの美味しいクロワッサン」1位にも選ばれたことのある、エルメのクロワッサン。
これ、ほんと感動的に美味しい!!!このためにまたパリに行きたいくらい。
IMG_7246.JPG

ハラハラ~と紙のように層が散る、軽いクロワッサンはよくあるけど、
エルメのクロワッサンは、外側の層が、パリンとしていて、中の層はふんわり。
ただ軽いだけとは違う、クロワッサン。これぞ職人の技です。
IMG_7248.JPG

そして、もう一つ。「クロワッサン イスパハン」。
そう、エルメさんのスペシャリテ、フランボワーズ×ローズ×ライチの組合せ。

クロワッサンでその組合せって、一体、どんな感じなの??
と、ちょっと半信半疑で食べてみたら、これまた美味しすぎる!ほんと。
そういえば、私が買っていた時に、フランス人のおじいちゃんがこれを3個も買っていたのだけど、
その気持ちわかるわぁ~。もう1個買っておけばよかったと思ったくらい美味しかったです。
IMG_7249.JPG


クロワッサン生地にローズ風味のパート・ダマンド、ライチ、フランボワーズのコンポートが入っていて、
上には、ローズ風味のグラスアローとフリーズドライのフランボワーズがアクセントに。
IMG_7253.JPG


そして、もう一つは、ショーソン・オランジュ。これはほかの2つでかすんじゃったかな。
IMG_7251.JPG


ちびっこでも、美味しいものはちゃんとわかるようです。
IMG_7242.JPG


しっかり握りしめたパン・オ・ショコラは一口も味見させてもらえなかったー。

「Non!!」
IMG_7245.JPG




2つのブログランキングに参加してます。
1日1回クリックいただけると、とってもうれしいです**

↓↓こちらをクリック↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


前の10件 | - 世界のお菓子✿フランス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。